1. 海外医薬品通販でお得なジェネリック生活   >  
  2. 海外医薬品の怖さ

海外医薬品の怖さ

危険性を考える

利便性の高い海外医薬品通販ですが、そこに潜む危険を知らずにいては大きなトラブルに巻き込まれかねません。
海外の医薬品を通販購入するというリスクを正しく理解し、安全な医薬品通販に役立てましょう。

・商品が届かない
代金を支払ったのに、どれだけ待っても商品が届かない…。通販サイトを運営する個人輸入代行業者が悪徳だった場合には、詐欺の被害に合う可能性があります。購入する前に、信用できるサイトなのかをよく検討してみましょう。

・偽造品の可能性
国内への偽造品持ち込みは厳禁。購入したものが偽造薬だった場合には購入者が処罰の対象となり、ペナルティが課せられます。
また、偽造薬の製造環境は劣悪なことがほとんど。清潔とは言えない工場で品質チェックも行われずに出荷された薬には、どんな異物や薬物が混入しているかわかりません。
そんな偽造薬を服用してしまったら、求めていた効果が現れないどころか重篤な副作用や健康被害を引き起こす可能性もあるのです。

・服用は自己責任で
医師の受診や処方箋が必要なく医薬品を購入できるということは、服用に際して責任を負うのは自分自身であると十分に自覚しておかなければなりません。
商品の品質表示や用法説明は外国語で記載されているので、成分の特徴や副作用について、あらかじめ調べておくことや購入したサイトでよく確認することが必要です。

海外医薬品を服用するということ、通販を利用するということについては、十分な危機管理が重要。注意深く利用すれば怖いものではないですし、海外医薬品と通販利用の長所が活かされます。
医薬品通販にひそむ危険性をしっかり認識して、うまく付き合っていきたいですね。